> トレール注文で比較

損失リスクを限定しながら利益の拡大を狙う!

トレイリング・ストップ注文で比べる

FX業者比較

※手数料は1万通貨単位あたり
FX業者手数料(片道)デイトレ
手数料
割引
スプレッド
(米ドル/円)
オススメ度 詳細
外為オンライン0 円無料1銭
SBIFXトレード0 円無料0.27銭
LION FX0 円無料0.3銭
YJFX!0 円無料0.3銭
FXトレード・フィナンシャル0 円無料0.7銭
マネックスFX0 円無料2銭
外為ジャパン0 円無料0.7銭
GMOクリック証券(くりっく365)0 円無料1銭
ライブスター証券0 円無料0.6銭
IG証券0 円無料0.6銭
インヴァスト証券(くりっく365)0 円無料1銭
FXブロードネット0 円無料0.3銭
FXブロードネット365(くりっく365)0 円無料1銭
アヴァトレード・ジャパン0 円無料1.2銭
DMM.com証券0 円無料2銭
JFX0 円無料0.3銭
マネックス証券0 円無料2銭
マネースクウェア・ジャパン(M2J)300 円-4銭
フォレックス・ドットコム0 円無料0.9銭
FX業者手数料(片道)デイトレ
手数料
割引
スプレッド
(米ドル/円)
オススメ度 詳細

トレール注文って?

トレール注文とは、トレーリングストップ注文とも呼ばれ、相場の値動きに応じて逆指値注文の価格を自動修正してくれる注文方法です。

トレール(trail)とは「ついていく」という意味で、レートが動くと常に一定の値幅で自動的に逆指値の注文価格を上げたり下げたりしてくれます。値幅は自分で好きな幅に設定でき、これにより「損失リスクを限定しながら利益の拡大を狙う」ことが可能になります。

トレール注文の使い方

FXのトレール注文

例えば、111円でドルを購入してトレール注文を1円の値幅で設定したとします。逆指値価格はこの時点で110円です。

そこからレートが上がるにつれ、逆指値の価格も上昇し、ドルが113円のとき、逆指値は112円になります。

その後ドルが下げに反転しても逆指値価格はそこで固定され、112円になると逆指値に当たって売り確定となります。

このように、相場の値動きに追随して逆指値の価格を上げてくれるので、相場をジッと見ていなくても、より高い価格で売りを確定させることができます。上記は「買い」の例ですが、もちろん「売り」でもトレール注文は可能です。

ピックアップFX業者

外為オンライン外為オンライン
5年連続で年間取引高No.1!
他社を圧倒する高スワップにくわえ、手数料無料、スプレッドは1銭固定(ドル/円)と大変低コスト。さらに完全信託保全と申し分なし。初回入金は30,000円でスタートでき、初心者でも少額資金から始めやすい点も人気の秘密!

ヒロセ通商 LION FX
手数料無料、スプレッド0.3銭原則固定(米ドル/円)とハイスペック!さらに信託保全、1,000通貨単位取引など最高水準の設計!情報ツールもリアルタイムチャートやニュース配信を完備。自分好みにカスタマイズできる取引ツールも好評です。