> FX外国為替の変動要因

為替相場は何に影響を受けるのか?

マーケットインパクトでチャンスをつかむ

1.金融政策の変更

金融政策の変更で金利が上昇すれば、金利を稼ぐ目的でその国への投資が増えるので、通貨の価値が上がり買われる要因となります。こうした経済政策の変更は、日本では日銀金融政策決定会合で、米国では米連邦準備制度理事会(FRB)の連邦公開市場委員会(FOMC)によって決定され、これらが開催されるタイミングで為替が大きく動くことがあります。

2.景気の動向

景気の動向を知るには、各国で定期的に発表される経済統計に注目です。とくに米国の雇用統計(毎月第一金曜の午後9時30分(日本時間)に発表)は米国の金融政策に重大な影響を与えるので、米ドルだけでなく他の通貨の為替レートにも大きな影響を及ぼします。

3.政局

選挙などで予想外の結果になったり、不信感を抱かせる発言があったりすると、その国の通貨が敬遠され売られる場合があります。

4.天変地異

大地震や津波などの自然災害や、テロやクーデターなど予期しない惨事が起きた場合、その国の通貨が売られることがあります。

5.通貨介入

新聞などで「日銀による通貨介入」という記事を目にしたことがあると思います。これは為替レートが異常な水準になってしまうのを防ぐ目的で、国が為替市場に大口の買い注文などを出して市場を適正な水準に戻そうとする動きです。ちなみに日本では2004年以降は通貨介入は見られていません。

為替マーケットは24時間動いている

為替市場は世界各国で取引されていますが、時間帯により活発なときとそうでないときがあります。日本では経済指標が午前8時50分に発表されるので午前8時〜9時、米国では午後9時〜10時頃に活発になり、大きな動きを見せます。また欧州市場は午後4時頃から活発化します。為替市場が活発に動くこれらの時間帯にトレードすれば、チャンスをつかめるかもしれません。

ピックアップFX業者

外為オンライン外為オンライン
5年連続で年間取引高No.1!
他社を圧倒する高スワップにくわえ、手数料無料、スプレッドは1銭固定(ドル/円)と大変低コスト。さらに完全信託保全と申し分なし。初回入金は30,000円でスタートでき、初心者でも少額資金から始めやすい点も人気の秘密!

GMOクリック証券GMOクリック証券
米ドル円スプレッド0.3銭原則固定!
スプレッドは米ドル円0.3銭原則固定、ユーロ円0.6銭原則固定など極狭!さらに手数料無料、完全信託保全と好条件。スピーディーな注文が可能な高機能システムや携帯電話取引など無料ツールも充実しています。

みんなのFXみんなのFX
初心者から上級者まで人気!
手数料無料(1万通貨取引)、低スプレッド、完全信託保全と業界最高水準のスペックで好評!取引ツールは安定性とスピードが定評の高機能FONOX系システム。携帯はもちろんiPhoneなどスマートフォンでのトレードにも対応。

DMM FXDMM FX
業界最強レベルの極狭スプレッド!
手数料無料、スプレッドは原則固定でドル/円0.3銭、ユーロ/円0.6銭など業界最狭レベル!完全信託保全、入出金手数料も無料。ユーザー視点で構成されたオリジナル取引ツールは、 シンプルな操作性と多機能性で使いやすいと大好評!