> スワップ派のFX業者比較

コツコツ貯める派に最適な会社は?

「スワップ派」とは、FXでスワップ金利による収入を主目的とする投資スタンスのことをさします。デイトレードのFXで為替差益を狙う「デイトレ派」と比較して、そう呼ばれています。

デイトレ派が短期的なFX取引をするのと比較して、スワップ派は基本的には中〜長期の投資スタンスをとることになります。日本の超低金利を逆に利用して、高金利の外貨を買って、その金利差で高い運用利回りを目指します。

スワップ金利が貯まってくれば、ロスカット(損切り)されるラインも低くなり、急激な為替相場の変動に対して強くなります。また、そうして貯まったスワップ金利を再投資して、複利効果でより効率的な運用をする、というのがスワップ派の手法です。

当然、FX取引をするにあたって、利用するFX業者の選び方もデイトレ派とは違う部分がポイントになってきます。ここでは、スワップ派がFX会社を選ぶ際の比較ポイントや、実際にどのFX業者が人気なのかを紹介しています。

スワップ派のFX業者選びのポイント(初心者編)

スワップ金利が高い

スワップ派は、金利による収入が目的なので、スワップポイントが高いことがまず重要です。FX業者によってスワップポイントは少し異なります。わずか数ポイント差でも、毎日の積み重ねになると大きな違いとなって現れます。

スワップ金利でFX比較

取扱い通貨ペアが多い

取扱い通貨ペアが多ければ、それだけ投資のチャンスが多くなります。スワップ派の場合は、高金利通貨である豪ドルやニュージーランドドルなどが定番です。また、高金利な南アフリカランドやトルコリラにも人気が集まっていますが、マイナーな通貨の場合、政治情勢や経済状況などのニュースが得られにくく、投資判断が難しくなる場合もある、ということを考慮しておきましょう。

スワップポイントの支払リスクにも注意

外国為替証拠金取引は、通貨の交換を行うのと同時に金利の交換も行われ、日々スワップポイントの受取または支払が発生します。スワップポイントの受取または支払は、各国の景気や政策等、様々な要因による金融情勢を反映した市場金利の変化に応じて日々変化します。その為、その時々の金利水準によってスワップポイントの受取または支払の金額が変動したり、場合によっては受取または支払の方向が逆転するリスクがあります。また、ポジション(建玉)を決済するまで、スワップポイントの受取または支払が発生します。

スワップ派のFX業者選びのポイント(上級者編)

決済せずにスワップ益で新規ポジションが建てられる

決済をせずにスワップ金利で新しいポジションが建てられるかどうか、ということ。これができると、貯まったスワップ金利でさらにポジションを増やす再投資ができ、複利効果でより投資効率が上がります。「決済をせずに」という点がポイント。

含み益で新規ポジション建て可能なFX業者

指定決済が可能である

指定決済とは、保有ポジションを決済する際に、どのポジションを決済するのかを指定できる、ということです。指定決済ができると、例えば、高めのレートで買ってしまったポジションから処分するなど、ポジション管理がしやすくなります。指定決済ができないFX業者は、先入れ先出し法(古いポジションから順に決済)だったりします。

値洗いあり・なし

値洗いとは、保有ポジションを(毎日)時価評価して、新しいレートを付け直すこと。値洗いあり・なしの違いは次のようになります。

★値洗いあり:
・ロールオーバー時にポジションが時価評価される
・はじめに建てたポジションのレートが変わる(わからなくなる)
・含み損益は確定損益となり、課税対象となる

★値洗いなし:
・ロールオーバー時にポジションは精算されない
・はじめに建てたポジションのレートは変わらない
・含み損益は決済されるまで課税対象とならない

どちらがよいとは一概に言えませんが、スワップ派としては保有ポジションの状況が管理しやすく、決済するまで課税対象にならない「値洗いなし」がオススメです。また、為替差益は決済まで含み損益(課税対象でない)で、スワップ金利は毎日損益確定(課税対象)、というFX業者も多いです。

決済せずにスワップのみ出金できるか

FX業者には、決済しないとスワップ金利を出金できないFX業者と、決済しなくてもスワップ金利のみを出金できるFX業者があります。スワップ金利を毎月定期的に引き出したい、あるいはスワップ金利で生活をしていきたい!と考えている人にとっては重要になってきます。

スワップのみ出金できるFX業者