> くりっく365比較

公的市場で価格の透明性・安全性

店頭取引との違いをチェック!

くりっく365くりっく365は、東京金融先物取引所(金融取)がFX(外国為替証拠金取引)の透明かつ公正な取引の場を提供することを目的として開設した、公的な市場で行われる取引所取引です。

外国為替証拠金取引には公的な市場で行われる取引所取引(くりっく365)と、店頭で行われる非取引所取引(相対取引)があります。

現状では非取引所での相対取引が中心となっていますが、取引ルールや取引環境の整備により、くりっく365は今後より透明性の高い安心して取引ができる金融商品に発展することが期待されています。

また、くりっく365最大のメリットとして、万が一ある業者が破綻しても、ポジション未決済のままで決済の利益を確定したり、他の業者にポジションを移管することが可能です。

くりっく365の比較のポイント

くりっく365はスプレッドやレバレッジなどの条件は横並びです。比較するポイントで重要なのは手数料(キャンペーン割引など)、独自システムかどうか、です。

※東京金融取引所による取引振興策を受け、2013年10月より、ほとんどの事業者が取引手数料を無料化しています。

標準のくりっく365の取引ツールは操作性がよくないという定評?があるので、FX業者によっては独自システムを構築して使い勝手を向上させているところもあります。

くりっく365:手数料、独自システムで比較

※手数料は1万通貨単位あたり
FX業者 手数料(片道) ボリューム
ディスカウント
独自
システム
詳細
GMOクリック証券 0 円 -
インヴァスト証券 0 円
(月間3,000枚未満の
場合1枚あたり84円)
あり
FXブロードネット 0 円 -
為替ライフ 0 円(セルフコース)
-

くりっく365と店頭(相対)取引の比較

 くりっく365 店頭(相対)取引
取引価格複数の金融機関が取引所に提示する売買価格のうち、投資家の皆様に最も有利な売買価格を取引所が合成してくりっく365のマーケットに提示します。
  価格のみならず、投資家の皆様が売買可能な数量も提示し、透明性を高めています。
業者が提示する売買価格での取引です。
  売買価格の決定方法を開示していない業者やスプレッド(売り気配と買い気配の差)が相当広い業者もあります。
スワップポイント同一通貨の建玉については、投資家の皆様の受取金額、支払金額ともに同額となります。多くの業者は、投資家の皆様の受取金額を少なく、支払金額を多く設定しています。
取引時間原則として、土曜日・日曜日・元日を除く毎日、約24時間いつでも取引を行うことが可能です。業者によっては、取引を行えない日、時間帯が設定されていることがあります。
税金雑所得に区分されます(申告分離課税方式が適用されます。税率は一律20%です)。
 株式先物・商品先物等との損益通算や損失額の3年間繰越控除を行うことができます。
雑所得に区分されます(申告分離課税方式が適用されます。税率は一律20%です)。
 株式先物・商品先物等との損益通算や損失額の3年間繰越控除を行うことができます。
取扱業者金融先物取引法と取引所の基準の両方を満たし、取引所からくりっく365の取引資格を取得した業者のみ取扱ができます。金融先物取引法の基準を満たし、金融庁(財務局を含む)に登録した業者となります。
 なお、外国為替証拠金取引を行うにあたっては、業者登録が義務付けられています。
取引の相手方取引所が最終的な取引の相手方となります。
 万一、くりっく365取扱業者が破綻しても、投資家の皆様がくりっく365で保有しているポジションについては、原則として未決済の利益を確定すること、他の業者にポジションを移管することが可能です。
業者が取引の相手方となります。
 万一、業者が破綻した場合、取引の相手方がいなくなるため、未決済の利益については確定できない可能性があります。
証拠金の保護金融先物取引法及び取引所規則に基づき、業者は証拠金の全額を取引所に預託する義務があります。
 預託された証拠金は取引所により分別保管されます。
 万一、業者が破綻した場合でも、取引所に預託された証拠金は原則として全額返却されます。
金融先物取引法では、業者における証拠金等の管理方法(区分預託義務及び預託方法等)を定めています。
 業者により証拠金等の預託方法等取り扱いが異なりますので、万一、業者が破綻した場合における証拠金等の保全について各業者への確認が必要です。

【関連ページ】⇒ くりっく365でFX比較